三菱 アウトランダー 値引き交渉 序盤編

 

ここでは、序盤編、中盤編、終盤編と三段階に分けてアウトランダーの値引き交渉術を紹介していきます。

※目標値引きの参考に!アウトランダーの実例値引き額

 

まず最初にセールスさんと交渉する時は、新車購入をを楽しみながら接するようにしましょう。横柄な態度を取るのは禁物です。

 

新車購入後は何かと頼りになるのも担当セールスさんです。セールスさんとは良好な関係を築けると良いでしょうね。

「このお客さんには是非アウトランダーに乗ってもらいたい」と思わせることが出来れば、値引き交渉でも有利になる事は間違いありません。

 

下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受ける事をおすすめします。

買取店の相場を把握しておけば、ディーラー査定が適正かどうかの判断が出来ますし、査定額の上乗せの交渉もしやすいでしょう。

 

下取り車がある場合は、下取り車を高く売る方法とは?も合わせてご参考下さい。

 

 

ディーラー初回訪問

 

商談するディーラーをネットなどで調べてリストアップしたら、それぞれのディーラーで商談を開始します。

アウトランダーの三菱店の他、競合車に設定したライバル車のディーラーへ訪問します。

 

その際は、セールスさんの方から積極的なアプローチがなければ基本的に値引きの話をする必要はありません。

アウトランダーや他車の試乗、見積もり、下取り車の査定などをしてもらいましょう。

 

 

本気で新車を購入すると印象付ける

 

セールスさんには新車の購入意思があることをしっかりと印象付ける事が大切です。「まだ車種は迷っているが新車を購入するつもりで本格的に検討中です」などと購入意思をハッキリとさせれば、今後セールスさんもやる気になって対応してくれるでしょう。

 

ノルマに焦っていれば、セールスさんの方からいきなりアウトランダーの好条件を提示してくる事も考えられます。

買うのか買わないのか煮え切らない態度だと、セールスさんも買う気があるかどうかの判断ができないので、積極的にアウトランダーを売り込んで来ない事があります。

 

 

新車見積もりで注意すること

 

アウトランダーや他車の見積もりをもらう時に注意する事は、できるだけ簡素な見積もりをもらうようにしましょう。

グレードだけ告げてディーラー任せでアウトランダーの見積もりを依頼すると、ディーラーによってはこちらに必要のないオプションやJAF入会などを見積もりに入れてくる事があります。

 

そのまま商談が進んでしまうと、それら必要のない付属品を含んだ価格がベースになってしまい、値引きが拡大したと思ったら実はボディコートやJAFをカットしただけだった、何てこともあるので余計なオプションは含まないアウトランダーの見積書をもらうようにしましょう。

 

例えば、「グレードは○○で、オプションはマットのみで見積もってください。」などと言うと良いでしょう。

オプションは競合交渉する中盤編以降に希望のオプションを追加して交渉していくと良いです。

 

契約直前では数万円程度のサービス品の要求や、追加オプション・ナビのグレードアップなどを用意してアウトランダーの支払額を変えず契約を迫る方法もあります。

 

 

予算を聞かれたら

 

「予算はおいくらですか?」などと聞かれても、この段階では具体的な金額を言う必要はありません。もし金額を言ってしまうと、その予算内でまとめられてしまい、値引きの上乗せが効かなくなります。

 

またあまり低い金額を言っても、「その予算では、ご希望のグレードは難しいので、グレードを一つ下げたらいかがでしょう?」などと言われてしまいます。

 

こちらからセールスさんにアウトランダーの予算を告げる時は、交渉終盤に入ってからここぞと言う時に出す切り札です。

この段階では具体的な予算は言わず、「安ければ安いほどいいです」などと言ってかわしておきましょう。

 

 

アウトランダー以外にも迷っている車があることを伝える

 

最初からアウトランダーが本命と悟られてしまうと、セールスさんは「アウトランダーを買うことは間違いないから、ある程度徐々に値引きしていけば買ってくれるだろう」となってしまい、値引きを抑えられてしまう事があります。

 

「アウトランダーは有力な候補ですが、アウトランダー以外にも迷っている車があります」などと伝えれば、後々アウトランダーの値引きの上乗せにも応じてもらいやすくなります。

 

なお、アウトランダー同士の競合は、交渉終盤まで仕掛けない方がいいでしょう

最初から「他の三菱にも行ってます」などとやると、セールスさんが警戒してしまいアウトランダーの値引きが伸びなくなる事があります。

 

また、最初から三菱同士を競合させるとあまり良くない印象を与えてしまう可能性があります。

 

→次のページへ

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 三菱 アウトランダー情報サイト! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com